スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追山ドキュメント その1   詰所集合~山列入り


午前0時10分KBCテレビドォーモがスタートして、それを見ながら締め込みをする。出発は0時55分!0時30分に詰所に行く。
こういう言葉がある。

腹がへっては戦が出来ぬ

正にその通りで、腹が減っては、山笠が舁けない!と言うことで、かしわおにぎりをごりょんさんに準備してもらっていた。それをほお張る。
皆かなりテンションが低かった。そして0時55分、山小屋に向けて出発する。信号はいたるところ点滅信号状態で、車はタクシーぐらいしかいなかった。そして山小屋へ。12,13日より多くの人々が山小屋にいた。山台に水をかけて、山台を清める。他にも、痛みを抑える効果があるのだとか。そして、1時25分!

5秒前!、3,2,1 ヤー!

山笠がスタートする。最初は山足が速い。山笠は呉服町の山小屋から、右に曲がり、土居通りへ繋がる、大きな道に入る。西町筋を横切ったくらいに山足が遅くなり始めた。自分はそこで棒に入った。30メートルほどですぐ交代、そして土居通りに左折、また一回、そして冷泉公園横でまた一回。残り50メートル!
突然山笠の方向が斜めになった。自分は左肩1番台下を舁いている!目の前に電柱が迫った!

危ない!

憲兵(台廻りの見回りの存在)の声が響く。しかし、山笠は軌道修正し、自分は難を逃れた。そのまま行けば自分は頭を電柱にぶつけて、怪我していたことだろう・・・・。
山笠は完全に銅がね(足)が表、見送り共に地面について火花を散らしていた。面ホールなどにぶつかり山笠は音を立てる。そして、

ガー

と音を立てて、二番山笠の停止位置についた。最後まで自分は台下にいた。
少し、怖い思いをした。しかし、なんとも思わなかった。
どうやら、山笠が斜めになったとき、鼻取りがこけて、それで後押しが次々と倒れたらしい・・・。と情報が入った。



そして自分達は一度詰所に帰った。




その2へ続く
スポンサーサイト
プロフィール

1423

Author:1423

カレンダー+最終更新日
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
11213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2526位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

駅の時計
ブロとも一覧

Bus Evolution

旅は北九州から

参道事務所の日記
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。