スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百道浜(西新)営業所  その1

初めてのバス祭り。はじめて西鉄バスの方向幕が公式に売り出された天神バスセンターで最初に手に入れた逸品です。百道浜の中型は幕時代でもどこでも見られたので都市高速路線以外の全ての路線が入っていると思ってましたが・・・・ありませんでしたorzでも百道浜は4547の幕も持ってるので別に困りはしないんですが・・・w。

ポイントとしては20,3,8番なんですが、一応25も見ておく価値はありです。5627ということで結構最近の車両であるのに経由地に薬院駅の表示はなく、城南表記となっています。
さてではポイントを見て行きます。まず20番。まさか5627の幕に20番が一式が入ってるだなんて、全く思ってませんでした。でも20番の行先部分・・・・あまりにも窮屈過ぎて見えない気がするんですが・・・・(汗。
3番は脇山線ではなく百道浜が単独で持っていた星の原線です。やはり星の原団地行きの幕はかなり汚れてます。しかし、なぜか出入り運用となるタワー発着の幕で百道浜一丁目経由と百道浜一丁目改称後の西南中高前経由が共存しているという・・・・。しかも西南中高経由の幕には幕順位番号が付記されていません
それと明治通り経由西新行き。2004年ごろ6番都心循環の博多駅~明治通~西新間が廃止された直後、早朝に3番博多駅→天神→西新行きが3本ほどありましたが、それとはまた違うものなのでしょうか?
8番は今こそ百道浜と金武大型で運行される路線に成長しましたが昔は百道の中型のみで運行されていた寂しい路線でした。しかしこれも8番末期の西新行きが入ってないという・・・・・ミステリアスな逸品です。



ちなみに翌10月に行われた百道浜での販売会ではその百道浜の幕がそんなに出なかったようで・・・・今更ながら買っておいて良かったと思っております。

 




サイズ:中型 部位:前幕 車番:5627 全34コマ

西新幕1
西新幕2
西新幕3
西新幕4
西新幕5
西新幕6
西新幕7
西新幕8完



おまけ
西新に新製配置された5627は西新営業所が百道浜営業所に移転した際に一緒にお引越し。その後飲料会社のラッピングを幾度か経験したのち、LED化を経て現在では久留米に転属し久留米市内線で運用されております。

久留米5627

スポンサーサイト

博多(福岡高速)営業所 2nd

またまた超地元の営業所でありますw。こちらは飯塚のバス祭りで手に入れた逸品。
福岡~赤間線は元々赤間と福岡高速営業所(路線を持っていた時代が一時期あった)の共同運行でその後福岡高速から路線部門が博多営業所に完全移管され所属車両も博多に転属。2004年くらいまでは博多と赤間の共同運行でした。博多営業所と共同運行していたころは26がまだ1時間におおむね1~2本確保されてた記憶がします(私が小2~4の頃のことですが)週1で名島の知人宅に行った帰りは決まって26に乗ることが多かったです。良く乗ってたのは現桧原の7315,7316でした。
さて、幕の内容ですが切り継ぎ無しの完品。。。。。なのは良いのですが、26,26Aの行先、経由地が全く同じものがなぜか2回入っています。後に出てきた幕はその26,26Aの前4コマを切り取り九大急行を切り継いでいたようです。
そして謎の204.これも理解不能であります。
臨時群も甘木営業所の様な表記のものもあります。福岡高速時代の名残でしょうか?臨時那の津4丁目があるのが見分けるポイントです。
そして都心循環。こちらも新設時は福岡高速(Or博多)が担当していました。2周時代も含め新設当初の幕が全て入っております。
こう見るとやはり感無量の逸品です。

サイズ:大型 部位:前幕 車番:不明 全37コマ

福岡高速幕1
福岡高速幕2
福岡高速幕3
福岡高速幕4
福岡高速幕5
福岡高速幕6
福岡高速幕7
福岡高速幕8
福岡高速幕9完


参考画像
赤間時代ではありますが26Aの画像がありますので赤間7603と赤間9121を載せておきます。赤間の26の幕も3パターンほどありましたが、2009年のLEDで消滅してしまいました。今回紹介した幕に一番酷似しているのは9119~9121の幕ではないでしょうか?
赤間7603
赤間9121

浅野営業所

いつの間にか13000HIT達成していました。ありがとうございます。今後しばらくは更新がかなりスローではありますが、よろしくお願いいたします。


さて、流通センターまつりでようやく購入できた北九州幕。まずは浅野営業所。6692のもので末期のものです。なお且つ山田線しか入ってないです。チャチャタウン、リバーウォークのホップ体は斬新なものですが11コマで2000円は管理人の経済状況からして辛いものであります。


前幕 車番:6692 全11コマ
浅野6692前幕

西鉄バス筑豊田川支社(田川営業所)

お久しぶりです。最近では更新が滞っておりますがご了承ください。

さて飯塚の幕販売は1人2本の制限が掛けられていた上、筆者自身飯塚へ向かったのが当日朝になったため、かなり並んでおられまして筑豊のS型幕を手に入れることができませんでした。が、5月の百道浜の幕販売で念願の田川幕を入手できました。
といっても切り継ぎですが。。。。一応使用された痕跡は残っています。田川急行は元々S型グリル車の宝庫、最期の砦的路線でしたが、経路がバイパス経由に改められ、末端の博多駅~天神間は廃止されと現在ではかなり影薄い路線になってしまいました。しかし、現在でも田川、飯塚、篠栗地区から唯一博多駅に行けるバス路線ということもあり、年配の方が現在も多く利用されています。また現在でも高速車最古参の4860,49××などの最古参の砦でもあります(そこは今も昔も変わらず?)
幕は、1世代前の篠栗経由になっていますし、相当前のものでしょうが、天神行きのコマはありません。

サイズ:S型用   車番:不明 4コマ

田川幕



参考画像
現在の田川急行の幕は、青に塗られており、筑豊特急との誤乗防止が図られています。しかしそんな幕でも様々な種類があります。
田川4912普通の急行
まずはこちら。古参級且つ、田川急行レギュラーの田川4912。「急行」の幕の周りが塗られていません。

田川3245田川急行
続いては田川3245.当然ながらイレギュラー運用であります。こちらは急行の周りも丁寧に青で塗られています。「おまんじゅう」です。

田川3923@田川急行
田川3923.これもイレギュラー。3614(現飯塚)に取り換えたとのことで、新フォントであります。しかし経由地を3段に表記にするのは相当の違和感を感じます。
さてこの3923、2008年は普通に田川急行の定期に入っていたのですが、その時の画像がこちら↓↓
IMGP2072.jpg
幕が違います。2009年バイパス直行新設時に幕が交換され特急専用運用となり、3614転出時にまた幕を交換したとのことです。

福岡高速営業所

放置が続いてますが更新です。
今回は福岡高速営業所の幕でたった5コマですが、「とよのくに」がぎっしり入ってます。
これだけを見るに恐らく再編時2000年ごろの幕ではないかと思われます。知り合いの方によると「とよのくに」はあんまり出回っていないとのこと。残念なのは別府北浜行きの幕がなかったことだけです。
しかし臨時大分の用途って何なんでしょう?(←まさか2002年FIFA日韓共催W杯の時のためだけのものとかではないよね???)
                福岡高速幕

プロフィール

1423

Author:1423

カレンダー+最終更新日
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
8359位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1795位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

駅の時計
ブロとも一覧

Bus Evolution

旅は北九州から

参道事務所の日記
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。